2月 2017 - Pro Snowboarder 岡本圭司 Official Website | keijiokamoto.com

Martin Seiler

seili_schirmshoot02

つい先日VOLKL SNOWBOARDのチームメイトだったMartin Seilerが雪崩で亡くなりました。

1人で山に登ってた時に巻き込まれたらしい。
自分にとってもほんまに辛いニュース。

彼とは付き合いが長く、自分がVOLKLのインターナショナルライダーになるきっかけとなったニュージーランドでのテンプルベイスンでのトリップからずっと一緒でした。

IMG_6972

人生最高のトリップの1つ。
皆でベースのキャンプに泊まって毎日雪洞作ったり降ったら撮影したり、ずっと1週間一緒に生活して撮影した濃い日々。

そこからお互い自分の道を進み、同じ様なタイミングでVOLKLのインターナショナルになり、彼はビッグマウンテンのライダーとなって活躍してました。

HOME – Volkl Snowboards team edit from Völkl Snowboards on Vimeo.

ジャンプ好きな自分はビッグマウンテンはほぼ滑らないので心の底から尊敬してました。
カッコいい滑りするんですよ!

そして数年前には一緒に北海道を一緒に旅しました。
これも本当に楽しかった。

crew walk

ニセコ。

keiji okamoto_fs3pillow_tokachidake

この時のショットはDEELUXEの広告でも使ってもらえました。
思い出の1枚。

martin seiler_bsrodeo5_niseko02
サイリも俺に合わせてジャンプしてました。笑

keiji and seili

まさかこの時の1人は足動かなくなって、もう一人は他界してしまうなんて誰が想像できたか。

本当にサイリは良いやつでした。

男の自分が見ても魅力的で、

いつでも優しく

いつでも自然で

いつでも真剣。

こんなに温かくカッコいい人がどうしてこの若さで死んでしまわないといけないのでしょうか。
もっと大きな山を滑りたかっただろうし、色んな国を旅したかったでしょう。

しかし人の命や健康というのは本当に儚く、気を付けなければ一瞬で失ってしまうもの。
それをサイリの死で深く再認識させられました。

自分ももう100%で滑ることは出来ませんが、彼の分までスノーボードを出来る喜びを感じ、生きる事の出来る全てを常に感じながら毎日を過ごしていきたいです。

彼の魂と愛は永遠に生き続け、誰かを守ることでしょう。

本当にお疲れ様でした。
どうか安らかに。

そして俺も死んだらまたどこかで!

snow window