Back to Park

皆さん、春ですね。
とうとうパーク本番です。

自分もこの冬色んなパークを滑りましたが、どこのスキー場も特色があって面白い。

HYWODのメンバーも皆自分の滑りたいパークを作ってて、
陽がハチ高原
真央人は高鷲SP
シンヤが鷲ヶ岳
学が八千穂高原
そして自分が白馬47。
それぞれの場所、環境で頑張ってます。

IMG_2772

陽が作るハチ高原 THE PARKS。
西日本では間違いなく一番面白い。
だって9連続でジャンプ出来るんですよ!?
9!
Q!!!!
めっちゃ楽しかった。

IMG_2282
そして自分が47PARKSクルーと作るHAKUBA47。
もう6年目くらいになるのかな?

正直自分はもうする事があまりありません。笑

パークのデザイン案書いて、出来たものを見てまた文句言うだけ。
それを日本トップスキルを持つオペレーターと、プロのライダーが数人いる熟練のディガークルーが完璧に仕上げてくれます。
自分は造成も整備もディガー達の足元にも及ばないので、ほぼ口出してるだけ。。。

でも47のパイプ→ジャンプ3連→JIB→バンクはやばいですよ~
1日滑っても飽きません。

ちなみに今はこんな感じ。

47parkレイアウト20170318

ここからゴールデンウィークまで突っ走るので是非遊びに来てください。

あ、3月25日にも自分たちが主催する日本最強決定戦COWDAYがあります。

cowday_banner

観戦もパーティも無料。
面白いモノを横目に面白いパークを滑ってください。

COWDAY公式ホームページ

そしてここからが本題。

最近はシーンでバンクドスラロームが流行っています。
大会を開けばすぐに定員に達し、皆自分との戦いでワイワイ滑りながら、色んなレベルの人と楽しめる。
最高のイベントだと思います。

そして、実はパークに入る人が少しずつ減っています。
世の中ではパウダーやカービング、スラロームが流行ってる。

でも、スノーボードの一番の入り口はパークなんですね。
浮遊感を味わえたり、達成感を得られたり。そこから皆パウダーやカービングにはまっていく。
何より、今バンクドに入ってる人たちのほとんどの人がパーク育ちのスノーボーダーばっかりなんじゃないかな?
少なくとも俺の周りはそう。

だから今パークをする人が減ってるてことは、将来パウダーやカービングに移行するスノーボーダーが少なくなっていくっていう事。
だからもっと若い子やスノーボードはじめてすぐの子にパークに入ってほしい。

そのためには自分たちがもっと面白くて安全で親しみやすいパークを作らないとダメなのは分かってます。
そして、そこに多くのスノーボーダーが遊びに来てくれることも重要なんです。
パウダー最高でしょ!っていうのは僕らも分かってる。
でもパウダー好きやカービング好きの皆がたまにパークに来て「やっぱりジャンプ気持ちいいな~!」って言って欲しいな。
そして多くの人たちでパークが盛り上がれば、その先の色んなジャンルのスノーボードも盛り上がっていくはず。

スノーボードにジャンルは必要ない。

朝一のカービング。
緩斜面のバーンでグラトリ。
降ればパウダー。
降らなくてもパークやパイプ。

どんな状況でも楽しいのがスノーボードであり、フリースタイル。
そんなジャンルレスな遊びがスノーボードの面白さやと思います。(まあそんなん皆分かってる事やけど)

だから昔飛んでたスノーボーダーの皆、たまにはパークに戻ってきてください!
自分達がそのために安全で面白いパークを作り、探求していきます。

Back to Park.

後シーズンも残りわずか。
皆が怪我せず楽しく過ごせますように。

IMG_2416

Martin Seiler

seili_schirmshoot02

つい先日VOLKL SNOWBOARDのチームメイトだったMartin Seilerが雪崩で亡くなりました。

1人で山に登ってた時に巻き込まれたらしい。
自分にとってもほんまに辛いニュース。

彼とは付き合いが長く、自分がVOLKLのインターナショナルライダーになるきっかけとなったニュージーランドでのテンプルベイスンでのトリップからずっと一緒でした。

IMG_6972

人生最高のトリップの1つ。
皆でベースのキャンプに泊まって毎日雪洞作ったり降ったら撮影したり、ずっと1週間一緒に生活して撮影した濃い日々。

そこからお互い自分の道を進み、同じ様なタイミングでVOLKLのインターナショナルになり、彼はビッグマウンテンのライダーとなって活躍してました。

HOME – Volkl Snowboards team edit from Völkl Snowboards on Vimeo.

ジャンプ好きな自分はビッグマウンテンはほぼ滑らないので心の底から尊敬してました。
カッコいい滑りするんですよ!

そして数年前には一緒に北海道を一緒に旅しました。
これも本当に楽しかった。

crew walk

ニセコ。

keiji okamoto_fs3pillow_tokachidake

この時のショットはDEELUXEの広告でも使ってもらえました。
思い出の1枚。

martin seiler_bsrodeo5_niseko02
サイリも俺に合わせてジャンプしてました。笑

keiji and seili

まさかこの時の1人は足動かなくなって、もう一人は他界してしまうなんて誰が想像できたか。

本当にサイリは良いやつでした。

男の自分が見ても魅力的で、

いつでも優しく

いつでも自然で

いつでも真剣。

こんなに温かくカッコいい人がどうしてこの若さで死んでしまわないといけないのでしょうか。
もっと大きな山を滑りたかっただろうし、色んな国を旅したかったでしょう。

しかし人の命や健康というのは本当に儚く、気を付けなければ一瞬で失ってしまうもの。
それをサイリの死で深く再認識させられました。

自分ももう100%で滑ることは出来ませんが、彼の分までスノーボードを出来る喜びを感じ、生きる事の出来る全てを常に感じながら毎日を過ごしていきたいです。

彼の魂と愛は永遠に生き続け、誰かを守ることでしょう。

本当にお疲れ様でした。
どうか安らかに。

そして俺も死んだらまたどこかで!

snow window

北海道白馬北海道白馬神戸アメリカ

年が明けてから北海道→白馬→北海道→白馬→神戸と怒涛の日々でした。。。

俺は働きアリか!!!

でも忙しい方が幸せ。。。。

 

この半月で色んな事がありました。

youtei20170110_3

NO MATTER BOARDのロケでニセコの井原ヒロマサさんと色んな話をして、新しい価値観を感じたり、

 
PSX_20170113_085806

白馬でナイスな兄弟と一緒に生活しながら、色んな話をして、色んな事に気付いたり、

 

PSX_20170113_133558

久々にトラビス=ライスに会って少し話が出来て嬉しかったり、

 

PSX_20170113_133757

マサキが下半身を撮ってくれというので、しょうもないモノが少しカッコよく撮れるようになったり、

 

IMG_20170115_231229_840

テイネでノーリッカーズパーククルーとイケてるパーク作ってワイワイしたり、

 

IMG_20170118_214520_974

関功と長谷川篤と3人ですすきのの熱い夜を過ごしたり、

 

PSX_20170118_114814

怪我後はじめてカスタムプロデュースに行って、やっさんの家に泊まったり、

 

PSX_20170119_164750

カーメイトの皆が、足が踏めない自分の為にカスタムしたFLUXのビンディングを作ってくれたり、

 

PSX_20170122_204341

怪我して初めて、めっちゃ簡単な事やけど、撮影できたり、(誰でも出来るような事やけど笑)

 

PSX_20170123_100450

そして雪の降ってる神戸に帰ってきました。

 

 

濃い2週間やったなー笑

ほんまに色んな事を感じ、多くの愛を受けました。

どんだけ幸せな1年のスタート!ってくらい。

忙しい事はそれだけ多くの人に必要とされてるという事。

だから何の文句も不満もないし、ただただ、幸せ。

どんな時も幸せを感じられ、憎しみや不満を増幅させない人間になる。
それが今年の目標かな。

と、いう事で明日からアメリカです。
何でかというと~

まだ秘密!(誰も興味ないけど)