未分類

NO MATTER BOARD卒業

logo

皆さん、もうご存じな方もいらっしゃると思いますが、実は先シーズン限りで北海道TVのNO MATTER BOARDのMCを卒業する事になりました。

道外の人間なのにも関わらず、怪我を挟んで5年間もさせて頂いたこのお仕事、そして北海道の皆に心の底から感謝してます。
元々、フリーライディングをすると言っても、それでもパークを中心としたフリースタイルなSNOWBOARDINGが好きで、もしあのままNO MATTER BOARDに出会わなければ、スノーボードの本当の楽しさに気づかないまま自分は人生を歩んでいたかもしれません。

北海道で、パウダーやカービングを心から楽しむ、本当にスノーボードがLIFE STYLEであるライダー達に出会い、色んな生き方を目の当たりにして、毎週毎週大変やったけど北海道へ行くのが楽しみで、そしてその度に色んな事を学びました。

特に怪我から戻ったこの2年間は自分の中でやり切ったと言えます。
本当にスノーボードが好きで、自分の中で確固たるこだわりを持ち続けたディレクターの森島をはじめ、いつも自分の適当なトークをカバーして的確なコメントやトークを展開してくれた相方のユウヤ。
確実なカメラワークで、大体のラインやトリックを言ったら良い画を撮ってくれたマサ君とこっくん。
このチームでやってきて、言い合いはあってもケンカは無く、気まずさも不満も何もなく、ただただ、毎回ロケが楽しみだった。
毎回のロケの後のアホみたいな飲み会も楽しみやったし、他の仕事のストレスもそれで吹き飛びました。
この数年の思い出は自分にとっての財産です。

PSX_20180413_201714

そして、先シーズンいっぱいで僕らは卒業して、今シーズンからは新しいディレクター&MC林孝紀君を迎えての完全新体制でスタートします!
今までの自分たちの「LIFESTYLE」を追求した番組構成とは少し違い、新チームではもっと昔ながらのTVっぽい内容の面白さを詰め込んでいく!との事なので是非引き続き新しいNO MATTER BOARDを楽しんで下さい。
自分もオンラインで見ていますが、今までとは少し違うテイストで楽しい感じです。

過去の番組はこちらからオンデマンドでご覧いただけます!
2016~2017 SEASON NO MATTER BOARD
2017~2018 SEASON NO MATTER BOARD

新シーズンの番組はコチラから
2018~2019 SEASON NO MATTER BOARD

最近過去の番組を見返していますが、本当に面白い!!!(自分で言うな)
1話200円かかりますが、30分を24話見ても5000円なので、十分価値はあると思いますよ~!!
是非見てください!

いやいや、にしても本当に最高の数年でした。

328さん、ニールさん、そしてMr.ノーマターのカツシ君を始め、多くの人が紡いできたNO MATTER BOARDを自分たちのスタイルで次に繋ぐことが出来たと自負しています。

怪我をしたにも関わらず5年間も使い続けてくれた北海道テレビ、そして応援してくれた北海道の皆さん。
心から感謝しています。北海道が大好きです。

またどこかでお会いしましょう。

ありがとうございました。

PSX_20160824_152642

PSX_20160827_171832

PSX_20160831_185426

PSX_20160831_185534

PSX_20161214_104643

PSX_20161214_164556

PSX_20170108_231917

PSX_20170115_183137

PSX_20170222_124442

PSX_20170306_140643

PSX_20170307_200049

PSX_20170406_182925 (1)

PSX_20161123_111840

PSX_20170913_132840

PSX_20180112_152810

PSX_20180129_232214

1517609186938

あ~
ほんとに楽しかったなぁ。

STARTUP SNOWBOARD

スノーボードをするのってなんか怖いし、大変そう。
実際それはあると思うんですが、それをレッスンや予備知識で少しでもハードルを下げて、本当のスノーボードの面白さに気付いてほしいと思ってる子がいます。

15.11.10-24

子じゃなかった・・・

女性の方でした、すみません。。。。

そう。大阪KINGSの看板受付娘マミ先生です。

少しでも多くの人に、一回来ただけでスノーボードを止めてほしくない。という想いから、ホントに初心者のギアを選ぶところから、ブーツをはき、ビンディングをはめ、リフトにのり、ターンをするまで。そのエントリームービーを制作して無料で公開。
そんなムービーが他にないから、自分で作りたい。
その想いだけで中々これほどのムービーを作る事ってできへんし、しかも無料で公開するってよっぽどの事やと思います。

本当にスノーボード馬鹿が好きなんなんだなーと。

ムービーの名前は「STARTUP SNOWBOARD」というもので、本当に「スノーボードを始める為」のムービーで、全11回にわたりターンが出来るまでを分かりやすくレクチャーしています。

第1回『道具の選び方』

2回以降はコチラをクリック

で、なんとそのマミさん。
SNOWANGELでコラムを持つことになりました。

17-18表紙

可愛い~

よ!広瀬アリス!

で、今後この情報WEBサイトでコラムを毎週1回配信していきます。

ここでは、レッスン動画の紹介をはじめ、ターンが出来るようになるまでの初級者へのアドバイス、そしてより人に教える事が楽しくなったり上手になるようなレッスンの方法など、本当にスノーボードの基礎とエントリーに向けてのアレコレを毎週つづります。

スノーボード、そしてレッスンにひたむきな彼女の記事を是非見てあげて下さい。

そしてそして。
スノーボードはじめたてやこれから始めたいという方に無料レッスン動画のSTARTUP SNOWBOARDを紹介してもらえれば光栄です。

いや~
どこまでスノーボードレッスンの可能性を広げられるのか。
これからの彼女の活躍が楽しみです。
startup_pop01

KING OF KINGS FINAL BATTLE

kok2017

KING OF KINGS FINAL BATTLE無事に終わりました。
今年、BMXやスケート、サーフィン、モトクロスの大会を見て回り、さらにバンドなどのLIVEなど、色んなショーをみて思ったことは、スノーボードには、少し分かりやすいエンターテイメント性が足りていないんじゃないかという事。

せっかく競技自体はめちゃくちゃ面白いし、関係者やライダーの熱い想いもあるのに、一般の人が見た時に何が何か分からなかったり、気が付けば終わっていたり。これではもったいないなーと。

なので、まあかけられるお金に限界はあっても、その中で最高のパフォーマンス、演出、予備知識を作って、見てる人が少しでも楽しめる様にという事を念頭においてこの数か月準備してきました。
構成から演出、デザイン、WEB、パンフレット、ライブストリーミング。
いつも一緒に仕事をしている仲間たちと自分たちで全て一緒に作り上げて、外注業者に完全に任せた所は1つもありません。
まあそのおかげでしんどかったけど、細かいところまで作り上げることが出来て、自分では新しい一歩を踏み出せたと思っています。

でも、あれですねー
こうやってやってみると反省点やもっと詰めていきたい所がいっぱい出てきて、COWDAYではさらに見てて面白いものにしたいなとおもってしまう。笑
どんどん皆が楽しみにできるようなイベントが出来るイメージが湧いて来て、もう自分がワクワクして。。
病気みたいなもんですね。

何にしろ、協力してくれる仲間たちのお陰で、少しずつ良いチームが出来て、イメージに近いモノが作れるようになってきました。

このご時世の中で協賛してくれるスポンサー方、運営の仲間達、見に来てくれるお客様、そして体をはって盛り上げてくれるライダー達。
何かが1つかけたらもう無理。
全てが重なってKING OF KINGSのドラマが作られました。

終ってぐったりしたけど、本当に良い時間でした。
最高の時間とドラマをありがとう、みんな。

4O1A0006
開会式。
今回も巧のMCが火を噴いていました。
もはや自分のイベントには欠かせない要素の1つです。
ちなみに打ち上げの京都では「あ!恋んトスの!!」って若い女の子に声かけられまくっててビビりました。
さらにそれへの対応が芸能人っぽいオーラを出す巧にも心底ビビりました。

4O1A0017

日本全国から集まったライダー。
優勝100万円って夢がある。笑
この歳で手に入れたら親と喧嘩になるだろうな。

4O1A0018

KINGSスタッフによる身体をはったオープニングセレモニー。
初代所長より代々受け継がれる脱ぎ芸。これぞ大阪KINGSならでは。
意外に盛り上がってたけど、2回目やりたいという希望は通りませんでした。
リュウ君、もっとゲイ芸の質上げてください。

4O1A0031

ライブ中継のカメラマンと、回転数のハンデなくてもいいんじゃないかというココモ。
Bs1080もBs1260も最早、高さも完成度もスタイルも男のレベル超えてて、彼女は数年で絶対世界のトップに出てくると思う。
次のオリンピックやプロの大会がほんまに楽しみなプロライダーやし、初めて女の子で世界に出てトップとれるやろうなって思わせてくれる圧倒的なスキルとメンタルを持ってます。
今回は準優勝やけど、全員が見てて感動したし、これも絶対いい経験になったはず。これからも頑張って行ってほしいですね。

まだ12歳やけど・・・

4O1A0099

本当に多くのスポンサー。
この今のご時世でお金を出してくれて、しっかりとサポートをしてくれるブランドたち。
頑張れとかイベントやってよっていう声はいっぱいあっても、実際協賛してくれることって凄く会社にとって負担やし、大変な事って思います。
その中でこうやって応援してくれるメーカーがあるから、イベントの火を絶やしたくないし、ライダー達にも夢のある大会をし続けていきたいって頑張れます。
またここの写真にもないブランドがいっぱいあって、本当に大会を開催できたことに感謝しています。

4O1A0119

ライダー控室。
10°とかの寒い中最後まで頑張ってくれてありがとう。
次はもう少しマシな控室用意するから。笑

4O1A0097

過去にないくらいの入場者数。
自分達の施設やイベントにこんなに集まってくれるなんてほんまに光栄な事。
駐車台数は約170台。
入場者数は大まかですけど350~400人くらいでした。

4O1A0126

…Marthaによるライブと国歌斉唱。
大会前の殺伐とした空気の中、国歌歌わせてすみませんでした。。。
でもあれでかなり雰囲気でたし、いつもあの歌声でイベント盛り上げてくれて嬉しい存在。
またみんなLIVEとか行ってみて下さい。
心が落ち着く、良い歌声なんだわー。

4O1A0159

コースのライトアップ。
TOYOTAやX-TRAILまではいかなくても、こういう演出はライダーはかなり上がるはず。
ライダーがモチベーション上がらないとイベントとしては最低やから、こういうところにはかなり気使いました。

4O1A0236
今回かなりバージョンアップしたWEB中継。
AVII IMAGEWORKSと共同で作ってるこのWEB中継は、本当に自分たちで1から作ってて、ようやくここまで来たって感じ。
WEB中継って外注すると150万からかかるんですよ。日本の他の大会での中継なんか300万くらいかかってる。
でもやっぱり外注だとスノーボードって大会形式とか独特だから、点数表示とかライダーの顔だしとか痒いところに手が届かなくて、しかも毎回そんな金額はらえない。
しかも今の世の中、実際見に来る人より、中継で見る人の方が絶対多いし。
なので今回は中継中にずっとロゴスポンサー出したり、CM流したりして、少しでも協賛してくれるメーカーが多くの目にふれたらいいなという事を考えてやりました。
めっちゃ反省点も出たので、次のCOWDAYで1つの完成形がお披露目できそうです。

これからの時代には、大会やイベントにはなくてはならない中継システム。
現実的な値段とクオリティで作り上げていくので、是非興味があるという方がいましたらご一報ください。笑
今ならお試し価格でやらせてもらいますよ!笑 (このタイミングで営業してすみません)

4O1A0154

決勝のライトアップと空気感。
圧倒的なココモの前に、のってるケイタロウ、勢いのヒロト、安定のリョウ。
ピリピリした空気感、最高のシチュエーション。

4O1A0440

そしてラスト3本目に、圧巻のBsトリプルコーク1620で優勝した亮。
第1回の神戸大会から出続けて、何回も優勝候補と言われながらも勝てなかった彼が優勝したドラマは本当に見ていて気持ちよかったし嬉しかった。
本番に弱いとか言われてたけど、そうじゃなくて、多くの人に見られてノッた時は本当に強い!
それってプロライダーとして凄い大事な事やから、これからは日本じゃなく、世界のプロ戦を日本を背負って楽しみながら活躍してほしいなー。
今年ようやくライダーになった、自分の本拠地でもある大阪KINGSで、堂々の優勝。
本当に持ってる!おめでとう!!

4O1A0378

そしてKINGS GROUPを代表して最後の挨拶をしてくれたKINGS GROUP押部代表。
選挙の応援演説じゃありませんよ。閉会式の最後の挨拶です。

グループのボスであり、俺たちHYWODや関西のライダー達の兄貴でもある人で、この優勝賞金100万円という大会も全て押部代表の一言で始まりました。
何としてでも賞金集めて、何でもええから開催しろと。
で、一般のスノーボーダーでもオリンピックに出るようなライダー達と安全で対等に戦える場所を作れっていう言葉と想いで、今まで各KINGSの代表は血眼になってやってきました。
実際ここからチャンスをつかんだライダーもいれば、自分たちもこの場を作ることで疲れ果て、成長もするし、自分達の方向性を確認する事が出来ています。
これがKING GROUPっていうものやし、それを表した大会なんじゃないかなと。

最後もしっかりしめてくれて、運営やってる自分も、あぁ、終わったんだなと、実感。
KOKは最後ですが、これからもこういう機会をグループで作って行けたらなと強く思います。

4O1A0407

自分で言うのはおかしいですが、本当に良いイベントでした。
多くの興奮、笑顔、感動。
スノーボードは遊びに近いですが、スポーツっていうのはやっぱりこうでないと!

俺たちがやらんかったら誰がやるんだ。
周りにばっかり頼ったり期待するんじゃなくて、自分達が周りを巻き込んで、もっとたくさん面白い事をするんだ、という意気込みでやってきました。

見てる人がワクワクして、みんながそれについて語れる。語ってしまう。
もっと楽しく、もっとわかりやすく。
それを再確認できたので、これからもそれをモットーにやって行きたいと思います。

怪我して思うように滑れなく、スノーボードに全てを捧げる事が出来なくなってずっと悩んでいたけど、こうやって違う方法で表現することは出来る。
こういう場を作れたことが本当に嬉しく、楽しく、幸せです。

多くの観客の皆さま。
WEB中継を見てくれた人、シェアしてくれた人。
スポンサーの方々。
選手のみんな。

本当に長い時間お疲れ様でした。
そして心よりありがとうございました。
運営一同、心よりお礼申し上げます。

KOKライブストリーミング